なぜ聞き取れなくて、話せないのか?

答えは次の3っつです!

 

 発音の土台がしっかりしていない!

 日本語から中国語へ作文ではなく、中国語のまま言い表すレッスンが少ない!

 インプット(学習し覚える)をしてからアウトプット(表現)をしようとするから!!

 

 詳しくは、次のような外国学習の方法に問題があります。


コミュニケーションできない外国語学習の原因


① について

 

✅ 中国語は海外では英語以上に人気です。漢字を読めない外人さんがペラペラと流暢に中国語をしゃべります。

 

彼らは、音声でしか学べないために却って会話が流暢になるのです。

 

 

逆に日本人は漢字をみれば意味が推測できます。そのため中国語を聞き、話す時にも字を思い浮かべて意味を取ろうとしてしまいます。それが会話の瞬発力を妨げ、流暢さを失わせています。

 

✅ 音で学ぶということは、音声の状態でコミュニケーションを行えるように学ぶという事です。会話で使う表現の多くは、すでに他人がよく使い自分もよく使う表現ですから、こう言いたいと脳裏に浮かんだ時点で音声も浮かぶ位でなければなりません。

 

✅ だからと言って、直説法のように中国語だけで学ぶ、或いは字は全く使わずに学ぶということを勧めているわけではありません。そのような学び方は却って膨大な学習時間がかかってしまいます。

 

★ 漢字がわかるということは学習上有利な状態にあります。実際HSK最高級6級の取得者の多くは日本人です。せっかくの有利な条件は上手に活かしましょう。

 

※ アルファベットや漢字ではない、他の外国語を学んでみるとわかりますが、文字の仕組みや音声の出し方を身に付けるのに大変な時間がかかってしまい、取り掛かりで挫折しそうになります。

 

★ でも会話に関しては、漢字はサポート的な位置づけに置いた方が効果的です。できるだけ音声で理解し、口に出して、音が正しく発音されているか?通じやすい表現でしゃべっているか?を意識しましょう。 当教室ではこうしたレッスン方法を【音声優先アプローチ】と呼んでいます。

 

  

✅ その際、大変重要なのがネイティブレベルの発音を身に付けるという事です。

そのためには自分の発音を修正できる能力が必要ですが、大人ではもう自然には身に付きません。

 

  

しかし唇の開き方、舌の位置関係、息の出し方などの仕組み(母音・子音・有気音・無気音)を学び、理解して、知識に基づいて音を調整することは大人でしたらできます。一度身につけばそう難しくはありません。

 

★ 不思議なことにこの能力が身につけば、ヒヤリング力は飛躍的に伸びます。ネイティブの発音の訛りの原因までわかるようになり、音の捉え方が明瞭になります。聞いて知っている言葉であれば

意味をとる反応も驚くほど早くなり、意味がとれない言葉は初めて聞く言葉だけということになります。

 

★★ 話しながら、ネイティブの表現を音声で理解できますから、こう言う場面ではこのような表現が自然なんだと分かってきます。一気に上達するモードに切り変わる瞬間です。

②について

 

✅ 会話力を身に着けてから話したいと思うのは自然なことです。恥ずかしい思いをしたくないからですね。

 

大人は母語で高度な表現を脳に浮かべ、それを翻訳して外国語で言おうとします。でも言葉は浮かばず、言い方もわからないので口ごもり、話すことをやめてしまいます。

 

 ✅ 子供の言語の上達過程をみてみましょう。最初から複雑なことを言ったりはしないですね。言葉や言い方を徐々に身につけながら、表現が大人のレベルへと進歩します。

 

★ つまり、外国語を身に付ける時は、子供のような簡単な言葉から始め、間違ったり、たどたどしかったりしても、少しづつ言い方を身につけながら上達します。当たりまえですが結局「言うこと」をしないで「言える」ようにはならないのです。

 

★ これを大人向けに工夫をしたのが、音声によるアウトプットレッスン(話す・表現する)です。「言いながら身に付けるレッスン!」ですね。最初は講師の言葉を真似て言いながら、そのうち質問に応えるように導かれて、対話をしながら会話を身に着けていきます。上達すれば考えを、中国語で頭の中で浮かべ、中国語で言葉を組み建てて話すようになります。これが翻訳をしないでコミュニケーションをとる、口頭作文の言語処理で、最初はゆっくりした処理能力ですが、そのうち高速にまた高度な表現へとバージョンアップしていきます。


ではどんな学び方が効果的でしょうか!


 音声アプローチのアウトプットレッスンです!!!

 

 音声を聞いて即座に理解し、反応できるように、音声重視のレッスンで!

 アウトプット(表現)しながらインプット(覚える)をして早くから言う事で!

 

🎶 コミュニケーションしながらレッスンをすれば、早くから話せます!  

    

【 インプットよりもアウトプットから始めるべきだった 】

                                                                                英語の達人のブログ、ご参考にどうぞ。

インプット☛リーディング&リスニング。    アウトプット☛スピーキング&ライティング(作文)。


さらに音の自動化訓練、これなくして言語の上達はありえません!


✅ 自転車に乗れた時のこと或いは自動車の運転ができるようになった時のことを考えてみてください。

 

できるようになるとこんな簡単なことと感じるようになります。

 

 

でも、そうなるまでに何をしたでしょうか?

 

✅ そうですね!できるまで繰り返し練習をしたはずです。基礎の繰り返し練習、生徒様も大変ですが実は講師はもっと大変なのです!ee!chaiの講師達は気持ちよく楽しく繰り返しの練習をサポートします。 ee!chaiでは土台作りをおろそかにはしません。

 

★ 結局それが、中国語習得の重要なカギになるからです。